介護・福祉用品のレンタル・販売、住宅改修ならライフサポートなかむら(東海市/大府市/知多市/東浦町)

お気軽にお問い合わせください


TEL052-601-5558

定休日:日曜日・祝日

  1. トップ
  2. 住宅改修

小規模な住宅改修(事前の協議が必要です)

住宅改修費支給【介護予防住宅改修費支給】

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をしたとき、要介護状態区分に関係なく20万円を上限に費用が支給されます。

住宅改修例

自己負担について

※いったん利用者が改修費全額を負担します。あとで市町に申請すると、20万円を上限に費用の9割(1割は自己負担)、一定以上所得者は20万円を上限に費用の8割(2割は自己負担)が支給されます。
※自己負担分1割または2割を事業者に支払い、残りの9割または8割を保険者が支払う受領委任払いもあります。
※引っ越した場合や、要介護状態区分が大きく上がったときには、再度の給付を受けられます。

手続きの流れ

手続きの流れ

施工事例一覧

事例1

Before

After

Before
転倒により骨折し、足が上がりにくくなってしまったので、深い浴槽をまたぐことが困難で、 一人で入浴できなくなってしまいました。また入り口から段差が12cmもあり、タイルが滑りやすく手すりもないことから入浴がとても不安でした。
After
浅い浴槽に取替し、手すりを浴槽や出入口に付け、滑りにくい材質、段差の解消をする事により不安がなくなり、一人で入浴ができるようになりました。

事例2

Before

After

Before
足を骨折し、歩行が不安定になり、歩行器等で移動していました。屋外通路に段差があり、手すり等もなく移動が困難で不安がありました。
After
段差の解消を行い、スロープや手すりを設置することで、移動がしやすくなったので、転倒の防止ができるようになりました。

福祉用具購入における費用の支給、利用の手順など詳しくご案内いたします。まずはお気軽にご相談ください。

このページのトップへ